吉田松陰
幕末の長州藩士、尊攘派志士

     <身はたとひ、武蔵の野辺に朽ちぬとも、
                   留め置かまし大和魂> 
○吉田松陰(1830年-1859年)       (2006.10再訪)
幕末の長州藩士、尊皇攘夷派志士
 1857年松下村塾を開き、死までの僅かな期間に、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文・山形有朋の門下生を輩出。1859年安政の大獄で刑死。享年29才。
松陰神社にあるお墓/東京都世田谷区                       松陰神社        2011.10参詣
久坂玄瑞                
幕末の長州藩士、尊攘派志士

○久坂玄瑞(1840年-1864年)
 幕末の長州藩士、尊皇攘夷派志士
 吉田松陰の妹、文の夫
 
 安政の大獄で吉田松陰が刑死した後、尊皇攘夷運動の先頭
 に立った。

 1864年、会津・桑名・薩摩藩兵と戦った「禁門の変」で負傷し自
 刃した。享年25才。

  <ほととぎす、ちに啼く声はありあけの、
               月よりほかに知る人ぞなき>
久坂玄瑞の墓は、松蔭の墓の側にある(萩城下) 
吉田松陰の墓

松下村塾

萩城下の吉田松蔭の墓