白山城/甲斐源氏武田氏発祥の地
白山城:山梨県韮崎市神山町鍋山       白山城探訪:2014.08
国指定史跡。武田信義館跡。 甲斐源氏武田氏の祖、武田信義の城。 信義の菩提寺・墓所の願成寺。 武田八幡宮。
甲斐源氏の逸見清光(谷戸城主)の次男、信義が武田の庄官となり武田姓を名乗る(甲斐源氏武田の祖となる)。信義は平地に居館を設け、八幡宮の山に白山城を築いた。鎌倉幕府創業時の功労者の信義だが、鎌倉幕府からは重く遇されず、文治2年(1186)死去した。その後の白山城は、武田一門の一条氏・武川衆の青木氏・た山寺氏が相次いで守った。
天正10年(1582)、織田信長により武田氏は滅亡した。信長が死去(本能寺の変)すると甲斐国の領有をめぐり、徳川氏と小田原北条氏が争った。その際、武川衆は徳川氏について白山城を改修。白山城は寛文年間(1661-73)廃城となったという。   
白山城の遠望。 武田八幡神社の駐車場から   武田八幡神社
駐車場から100mぐらいにある熊注意のゲージ、これを開けて⇒  ゲージから50mのコンクリ橋を渡る⇒ 
 コンクリ橋から150mの左側に登り口。これを見落とすと登城不可。  
白山城は韮崎市が 熊注意を促しているのかわからないが、あまり整備されていないし、何よりも熊が怖い。15分位で登城できる。
白山城の本丸  
白山城の城主、武田信義の菩提寺、願成寺   武田信義の墓と武田一族の御霊所
甲斐源氏武田氏の祖、武田信義館跡。250m×250m。日常の居館跡。 
 Back