浜田藩:浜田城
 浜田藩/浜田城 :石見(島根)浜田市 越智松平家 家門 61千石【大広間】子爵                    6代将軍家宣の弟が家祖
長州勢の攻勢に浜田城に火を放ち領民を捨てて退却   浜田藩、越智家菩提寺の善性寺&墓所/日暮里H17.03参詣  浜田藩
 浜田藩探訪歴:昭和54年7月探訪/平成9年8月再訪同26年8月更新  松平斉厚が1836年に浜田藩に入封し4代30余年在封
浜田城址
※一口メモ
@浜田藩の藩主変遷:古田家(除封)→松平家(松井)→本多家→松平家再封→1836年、松平家が館林から浜田藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の浜田藩:維新時の浜田藩は第2次征長軍として出兵し長州藩と戦ったが、連戦連敗で戦意を失い城を捨てた。その後の鳥羽伏見の戦いでも幕府側で新政府軍と戦ったが、理非ず。家老が切腹して責めを負い、恭順の意を表し新政府軍に兵をだした。

浜田藩松平家の墓&菩提寺の善性寺:区画整理事業で広大な墓域は改葬.。2005.03参詣 墓所は領地に無し