浜松藩/浜松城 :  浜松城は徳川家康が築いた城で1570年から17年間をすごした。
浜松藩/浜松城: 遠江(静岡)浜松市 井上家 譜代 60千石【雁間】子爵 浜松藩浜松藩 浜松城 
野面積石垣//横須賀城下の藩祖正就の菩提寺、本源寺 H14.04参詣//浜松藩井上家歴代墓所は染井霊園改葬(浜松市郷土資料室教示)H17.04参拝
浜松藩の支藩:常陸下妻10千石  下総高岡10千石
          浜松藩探訪歴:昭和60年10月の浜松藩探訪は会社慰安会/平成10年5月・同22年6月再訪:堀江陣屋探訪途次
遠江横須賀城下にある本源寺//藩祖、正就の菩提寺(H14.04参詣) 浜松藩の藩主、井上家墓所の東京の染井霊園(改装):H17.04
**浜松藩井上家の歴代墓は浄心寺/文京区⇒明治42年に本納寺(墓石1基あり)⇒現在は染井霊園に改葬
浜松藩、浜松城天守閣
※一口メモ
@浜松藩の藩主家変遷  松平桜井氏⇒高力氏⇒松平大給氏⇒太田氏⇒青山氏⇒本庄氏⇒大河内氏⇒本庄氏⇒井上氏⇒水野氏⇒ 1845年に井上氏が館林から浜松藩に入封し藩主家が定着
A
転勤族浜松藩井上家:横須賀藩⇒笠間藩⇒郡上八幡藩⇒丹波亀山藩⇒下館藩⇒笠間藩⇒平藩⇒浜松藩⇒棚倉藩⇒館林藩⇒1845年から浜松藩
B幕末維新時の浜松藩:浜松藩は早くに恭順の意を表し、東海道や甲州方面の警備に努めた。また、浜松藩は駿府城を預かったが、その時には清水次郎長を登用して治安維持にあたらせた。浜松藩からの出兵は531名。  
浜松藩、浜松城の野面積石垣