原城
原城:長崎県南島原市南有馬町 原城原城 原城探訪歴:昭和48年7月/平成26年11月
 有明海の岬を利用したこの原城は、日野江城の支城として有馬貴純が明応5年(1496)に築いた。有馬氏が日向へ移されると、松倉重政が元和2年(1616)入封し、島原に城を築いて原城を廃止した。松倉氏は領民への苛酷な賦役と重税を課しキリシタン弾圧をおこなった。寛永14年( 1637年)、天草四朗(15歳)を盟主とした一揆軍が原城跡にたてこもり(88日間)、3万7千人が悲惨な最期を遂げた。
Back

昭和48年7月探訪時