明智陣屋:明智宿
明智陣屋 / 遠山氏陣屋 :岐阜県恵那市明智町 遠山家6530石  明智陣屋  明智陣屋探訪歴:2011.04/岩村城再訪途次
明智陣屋跡に代官所屋敷・御蔵現存。明智陣屋遠山家菩提寺の龍護寺。明智光秀供養塔。 中間街道の家並みと大正ロマンの街並み 
関ヶ原の合戦(1600年)で、明智利景が西軍についた明智城(田丸氏)を 落城させ、旧領を回復し、6530石の旗本となる。次の代、方景の時に一国一城令により明智城(元和元年、1615年)を破却し麓に陣屋を築いた。11代領主の景高はペリー来航時の浦賀奉行。明智陣屋
明智宿/大正ロマン町並

                            旗本遠山氏陣屋  明智陣屋

明智陣屋跡の堀、家老職で代官であった村上屋敷・御蔵
明智陣屋御倉
Back

<有名人の墓

<宿場町

明智光秀の廟所
江戸時代、明智は中間街道と南北街道の交わる宿場町であった。明治・大正時代は製糸業で榮え、今も大正時代の名残が濃く残っている。
明智陣屋遠山家の菩提寺、龍護寺                     明智陣屋領主の遠山氏塁代の墓所
龍護寺にある明智光秀の霊廟(お墓は、近江坂本の西教寺、高野山奥の院)。 
明智光秀:安土桃山時代の武将で織田信長の家臣(1528〜1582年)
1582年6月2日、本能寺にて織田信長を討つ。6月13日、山崎にて豊臣秀吉軍に敗北した。 
堀端の満開の桜         明智陣屋の代官所屋敷(家老、村上屋敷)