天草代官所/富岡陣屋
天草代官所/富岡陣屋:熊本県天草郡苓北町富岡   21000石の天領支配陣屋  天草代官所探訪歴:昭和48年8月
天草代官所はかっての富岡城三の丸に構築された。富岡城は唐津藩主の寺沢広高が飛地(42千石)のこの地に慶長10年(1605)に築城した。島原・天草の乱の後、寺沢家絶家⇒山崎家(丸亀藩へ転封)。その後、寛永18年(1641)から寛文4年(1664)は天領となり旗本1000石、則定陣屋領主の鈴木重成・重祐・重辰が天草代官を勤めた。寛文4年から寛文11年の7年間は戸田氏21千石の富岡藩となるがそれ以後は幕府天領となり天草代官所が明治まで続いた。

昭和48年の若かりし頃訪れた写真です。
  定年後にホームページを作成するとは思いもよらず、写真も1〜2枚しか残していないのが、今にしては残念。

大江天主堂
フェリーからの天草
富岡城三の丸跡に天草代官所が構築された。
Back