足助陣屋:足助宿
足助陣屋/本多氏陣屋:愛知県豊田市足助町 交代寄合本多家7000石   (岡崎藩分家)   足助陣屋探訪歴:2011.06//2013.11再訪
足助陣屋跡は愛知県農林業振興センター。 中馬街道最大の宿場町、足助宿。 紅葉で有名な香嵐渓。本多氏墓所は海福寺墓地/東京港区白金台
本多忠周が寛文2年(1662)に白河藩主の長兄、本多忠平から2500石分地を受けたのが始まり。忠周は1681年、陸奥白河から転封し、足助に5000石の足助陣屋を構築した。翌年に丹波国に2000石加増。更に寺社奉行を拝命し、3000石加増されて大名となり足助藩を称した。1689年に3000石減封された。それ以後は交代寄合7000石の旗本で、明治を迎えた。(足助陣屋)

宿場町へ>

足助宿
足助陣屋の陣屋町は、中馬街道で最大の宿場町(足助宿)でもあった。三河湾で作られた「塩」を信州へ運ぶための「塩の道」でもあった。
中馬街道最大の宿場町、足助宿
                足助陣屋跡の遺構は殆どない                         紅葉で有名な香嵐渓//H25.11
 足助陣屋の見取り図  足助陣屋領主、本多氏の菩提寺、海福寺(東京目黒)と海福寺墓地(港区白金台)内の本多氏墓
Back