海老陣屋/菅沼氏3000石 
海老陣屋:旗本菅沼氏3000石: 愛知県新城市海老字正法寺23  海老陣屋探訪:H28.09
海老陣屋は文政9年(1826年)に菅沼定敬が石田から海老に陣屋を移した(代官は菅谷円蔵でかっての佐野入道の海老村屋敷跡)。この菅沼氏は慶安元年(1648年)に石田に3000石の領地を賜り石田陣屋を構えていた。嘉永6年(1853年)百姓騒擾により閉鎖された。 菅沼氏墓石は東泉寺。
①海老陣屋は鳳来郵便局の西側の民家辺り ②偶然、住人の主人に出会い話を聞けた。新しい道路ができるので、陣屋跡の前側石垣はすべて無くなった、しかし陣屋の裏側の石垣が残っているという、主人が家の庭を通り案内してくれた、感謝。菅沼氏墓石が東泉寺に有るとも教えてくださった。 
 海老陣屋の石垣/陣屋裏側の石垣のみが遺構として残った。  海老陣屋の大部分は道路新設予定のため壊された。鳳来郵便局から。
東泉寺/海老陣屋  菅沼氏の墓石5基/海老陣屋
 Back