江戸南町奉行所-東京     江戸北町奉行所-東京
江戸南町奉行所:東京都千代田区有楽町2丁目(有楽町駅中央口)    江戸北町奉行所:東京都中央区八重洲1丁目(東京駅八重洲北口) 
  江戸南町奉行所探訪:2015.07    江戸北町奉行所探訪:2015.07
南町奉行所は、宝永四年(1707)に常盤橋門内から数寄屋橋門内に移転し、幕末までこの地にあった。 江戸町奉行は、寺社奉行、勘定奉行とともに徳川幕府の三奉行のひとつであった。その職掌は、江戸府内の行政・司法・警察などで、定員二名で南北両奉行に分かれ月番で交代に執務していた。南町奉行として有名な大岡越前守忠相は、享保二年(1717)から元文元年(1736)、ここで執務をした。南町奉行は50人、北町奉行は43人。  大岡越前の菩提寺・墓所。   北町奉行所は、 慶長六年(1601) 初めて呉服橋門内に設置され,その後数回江戸市中を移転したが,文化三年(1806) もとの場所に移って幕末にいたった。 北町奉行で有名な「遠山の金さん」こと遠山景元は、家禄は500石足らずだったが、①天保11年(1840)から天保14年、②弘化2年(1845)から嘉永5年(1852)--南町奉行と2回奉行に就任。 
   
      
遠山景元の菩提寺・墓所。
 
 
 
 南町奉行所跡はJR有楽町駅中央口を出てすぐ  当時使用されていた
石垣が保存されているのみ
  北町奉行所跡はJR東京駅八重洲北口を出てすぐの大丸正面入り口にいらず左折すると「通用口」がある、その下に「標示板」がある。
Back