福原陣屋:那須氏陣屋
有名人の墓へ>
玄性寺
那須与一の墓:左側
 福原陣屋:旗本(交代寄会)那須家1000石
         (栃木県大田原市福原)
福原陣屋探訪歴
2009.03
 那須衆 那須与一の墓/玄性寺⇒那須与一は源平合戦の1185年、屋島の戦いで平家の船に掲げられた扇の的を弓矢せ射抜いた武将で有名。那須氏陣屋。
 源平合戦の頃からの名門、那須家も幾多の波風を受けた。関ヶ原の戦い後、那須藩、烏山藩(2万石)の大名となったが、数年を経て、徐封された。しかし名門ゆえに、名跡は残され、1,000石の交代寄会旗本で明治を迎えた。 
(陣屋考察)旗本1,000石の那須家の福原陣屋は玄性寺辺りと言われているがその跡は不明。陣屋は構築されたのだろうか?
  もし構築しても中規模屋敷程度であろう。村役人の庄屋に領地差配を任せたのでは?(その限りにおいては庄屋の屋敷が陣屋の機能を果たした?)