五條代官所
五條代官所:奈良県五條市新町3丁目   天領代官所 五條代官所探訪歴:2011.06 高野山参詣途次
五條代官所は、寛政7年(1795年)に幕府によって築かれ、五條・宇陀・吉野300ヶ村5万石を支配する南大和地方の政治の中心であった。 文久3年(1863年)、天誅組(幕末の勤王の志士達が挙兵)により五條代官所は焼き払われ、代官鈴木源内は首をはねられた。元治元年(1864年)に旧敷地(現在の市役所)から西側(現在の簡易裁判所)に再建された。 
       五條代官所長屋門  五条代官所石垣   紀州街道の新町の町並
1863年(文久3年)夏、三条実美ら強硬派尊攘の公卿達は、過激尊攘派の志士達と天皇親征を画策した。天皇の大和行幸を実現し、その後に親征の軍議を開くという計画を立てた。土佐の吉村寅太郎、備中の藤本鉄石、刈谷の松本奎堂ら過激尊攘派の志士達である。彼らの尊攘倒幕の考えは、その後の下関戦争や薩英戦争で欧米列強に敗北した長州藩、薩摩藩が反省の上でたどり着いた倒幕思想とは、意を異にする。尊王攘夷の先駆け決起なのだから、総大将として大納言・中山忠能の七男・中山忠光(19歳)を祭り上げた。 
中山忠光を総大将に据え、総裁には吉村・藤本・松本が就き、天誅組の武装蜂起が成された。吉村ら同士38名は、814日夜に伏見から淀川を下って、海路堺にたどり着き、そこから河内へ入った。河内で水郡善之祐ほか十数名を同士に加えた。天誅組は、17日夕方、大和五条の町へ到着した。この地では、大和諸郡10ヶ村7石余の土地を支配する五条代官所があった。天誅組は、
五條代官の鈴木源内ほか四名を捕らえ、斬首した。農民達には「本年は年貢半減」と告げて、天誅組支持を取り付けようとした。  一方、京都では公武合体派公卿たちが、会津藩・薩摩藩ら京都在中の諸藩の協力を取り付け、宮廷内を占拠した。 佐幕派諸藩の軍兵が宮廷内外を警備し、強硬派尊攘の長州藩や公卿たちは手出しができなかった。政局は尊攘派主導から公武合体派・佐幕派主導へと移った。この政局の報せを受け取った天誅組は、兵力増強を図った。名字帯刀を許し、52人扶持の給与を与えるとして、召集をかけた。十津川郷では、天誅組に与することに決定し、1000名余りが参加した。五条の地は水郡たち河内勢に任せ、忠光ら天誅組本隊は、820日に十津川の天然の要害の天辻に本営を移した。 
 中山忠光は武器弾薬の確保のため、十津川郷士たち1000名を率いて、高取城を攻めた。城兵は260名の小勢であったが、高取城は標高600m近い小山に建てられ、堅固な城として有名で攻略できなかった。吉村は、精鋭の者数十人で高取城へ夜襲をかけたが成功せず、撤退を余儀なくされた。
 朝廷は天誅組の追討を紀州・津・彦根・郡山の畿内諸藩に命じた。追討軍は総勢1万という大軍となり、天誅組討滅戦を展開した。食糧不足に陥ると十津川郷士たちの大半が離散し、天誅組の残兵数30名に満たなくなった。 吉村は津藩兵に殺害、藤本も紀州藩兵に殺害た。松本奎堂は弾丸胸に受け、討死した。五条代官所に残った水郡は、紀州藩軍に自首し、京都で処刑された。 天誅組総大将の中山忠光は、逃避行を続け、9月下旬に大坂の長州藩邸に入った。忠光は、下関に向かい、長州藩の支藩・長府藩にかくまわれたが、1864年(元治元年)115日深夜、忠光は襲撃し殺害された。         <宿場町
                                  Back

<天誅組>
五條新町(紀州街道)
五條代官所長屋門

栗山家

旧紀州街道の五條新町は昔ながらの道幅、家屋が連なる。