萩原代官屋敷:杉浦氏陣屋
杉浦氏菩提寺、南慶院と初期の領主等のお墓
萩原代官屋敷(杉浦氏陣屋)
 旗本、杉浦氏 8000石
 神奈川県横浜市戸塚区平戸3 
   萩原代官屋敷探訪歴:2009.06
杉浦氏は鎌倉幕府創建の功労者、三浦氏一族の和田義盛の子孫で、鎌倉時代は杉本氏を称していた。 北条氏との権力争いに敗れ、近江に逃れていた。徳川の世では<杉本><三浦>から一字づつ採って<杉浦>を名乗った。
杉浦氏の領地は相模国(茅ヶ崎市小和田・菱沼、平塚、四之宮、寒川町宮内、平戸)と丹波国の桑田郡馬路であり、馬路陣屋があった。

萩原家は代々、旗本杉浦氏の代官としてこの地に屋敷を構えていた(萩原代官屋敷)。特に幕末の当主は真心影流の免許皆伝でここに道場も構えた。入門者は225名を数える。訪れた剣客で有名なのは天然理心流の近藤勇の名が記されている。
 (今でも御子孫が住んでおられる)

菩提寺、墓所は南慶院:横浜市青葉区鴨志田町・・・お墓名で判るのは、初代と2代の領主
萩原代官屋敷の説明板