羽村陣屋
羽村陣屋:東京都羽村市羽東3丁目   羽村陣屋 羽村陣屋探訪歴:2009.09
承応2年(1653年)に玉川上水(羽村ー四ツ谷大木戸)が開削されると、取水口の管理のために幕府の羽村陣屋が置かれた。@普請奉行の下役A勘定奉行の普請役B目付から小人目付の計三人が3月交代で陣屋に駐在した。この下に「水番人」が置かれ実務を遂行した。代々指田家などの土地の有力者がえらばれた。  羽村陣屋門は現在の東京都水道局羽村取水所門脇にある。
取水口から玉川上水へ

現在の玉川上水取水口

羽村陣屋門                           玉川水神社(左)と羽村陣屋門(右)

庄右衛門、清右衛門の兄弟は玉川上水掘削の功により「玉川」の姓を許され武士と同身分の扱いになった。

玉川上水土手に使用の石駕篭