東小保方陣屋:久永氏陣屋
東小保方陣屋(久永氏陣屋):群馬県伊勢崎市東小保方町(ヒガシオボカタ)3304  久永家3200石。          東小保方陣屋探訪歴:2010.02
陣屋の名残としては近くに陣屋橋あり。 ☆徳川家康の天正18年(1590年)関東入封により、久永重勝が武蔵・常陸・上野等に点散する3200石を拝領した。重勝は東小保方村(石高1182石)に陣屋を築いた。
東小保方陣屋は東西75m、南北120mで堀や土塁で構築されていた。明治維新後、東小保方小学校が置かれ、大正2年に大東神社遷座。
久永氏陣屋堀 久永氏陣屋碑/大東神社境内
東小保方陣屋跡遠望
 久永重吉-信重-重勝(東小保方陣屋構築)-重知-重章-信豊(1698年愛知県安城陣屋も構築:一部領地替えあり4354石)-政温-章温
                                      ●⇒赤穂義士の切腹検視役も務めた。