平福陣屋 
平福陣屋:兵庫県佐用町平福   旗本松井松平家5000石  川越藩松平家分家           平福陣屋探訪:2013.10 足立美術館途次
平福陣屋の松井松平家は初代の康朗が岸和田藩主松平家から5000石の分地を受け成立した家柄。平福は寛永17年(1640)利神城廃城後、松井松平家領となる。天保7年(1836)には所領が福島の中畑(中畑陣屋)に移された。その後は幕府天領であったが文久3年(1863)に旧領のうち2500石が松平家に復し、明治まで続く。 平福陣屋門。 陣屋玄関/正覚寺。 平福は因幡街道の平福宿としても栄えた。
            平福陣屋の牢屋跡

        平福陣屋松平家菩提寺の正覚寺
 平福陣屋の陣屋表門
                    平福陣屋玄関/正覚寺 利神城跡を仰ぎみる
平福陣屋

 
平福宿 
平福宿は因幡街道の宿場町として栄えた。江戸時代後期には宿屋12軒を含む280軒の町場を形成していた。 
 平福宿町並
 
             旧田住邸:大庄屋、代官を務めた
                   作用川の川端風景               「宮本武蔵」初決闘の場所:武蔵13歳の時、新当流の有馬喜兵衛を倒した場所
 Back        宿場町