日田代官所:日田陣屋 
日田代官所(日田陣屋):大分県日田市   日田代官所 日田代官所探訪歴:昭和49年:シモ叔母さん宅/平成21年5月
 1686年、月隈山南麓に永山布政所(日田代官所)が設けられた。九州の天領12万石支配陣屋。 町並み。 広瀬淡窓の咸宜園。
日田代官所の石橋
日田代官所の陣屋町日田の豆田町の商家のたたずまい
                          広瀬淡窓の私塾咸宜園と墓/日田代官所の町にて
広瀬淡窓:儒学者、教育者(1782−1856年) 門人は3000人を超えたという淡窓は日田天領の掛屋(代官所に入る年貢米や物産等を販売しその代金などの公金を保管する役目)の広瀬家長男に生まれたが小さい頃より学問を好み、病身のため弟に広瀬家(現在の広瀬資料館)をゆずった。