穂積陣屋/八木氏陣屋
穂積陣屋:旗本八木家4000石 :兵庫県加東市穂積366地先(カンベ自動車工場の地先)   穂積陣屋探訪:2013.05/福本陣屋途次
穂積の地には寛永年間の頃、本多氏の陣屋がおかれた。元禄4年(1691)赤穂藩浅野家の飛地領となり、浅野家の穂積陣屋が営まれた。この穂積陣屋には、赤穂義士で名を馳せた「吉田忠左衛門(200石)」が郡代官として在番していた。浅野家の家名断絶で、元禄16年(1703)から旗本八木氏4000石の陣屋となり明治まで存続した。穂積陣屋の長屋門/加東市高岡の了徳寺。     
穂積陣屋の長屋門/了徳寺
八木氏:但馬地方は戦国時代にいると、山名氏の覇権が弱まり、戦国武将の八木氏も、織田勢と毛利勢の戦いの狭間で翻弄された。しかし八木光政が慶長5年(1600)の関ヶ原の戦で東軍の徳川方に随身したことで、采地を拝領し直参旗本となった。その後、八木守直は徳川秀忠の近侍となり、4千石の知行を得た。元禄16年(1703)には加東郡に知行所を賜わった(穂積陣屋)。
了徳寺横の蓮華畑になぜか心が和む。

穂積陣屋は穂積366地先の竹藪等になっている。(カンベ自動車工場の地先)。道路右側は中国自動車道。

Back