本保陣屋 
本保陣屋(ほんぽ): 福井県越前市本保町18                        本保陣屋探訪:2014.04
本保陣屋の設置変遷は享保6年(1721)設置⇒元文元年に福井藩領⇒延享元年(1744)に再び幕府領で陣屋構築。本保陣屋は幕末には羽生郡、大野郡など175カ村5万石を統治した。 本保陣屋は東西105m、南北150mで堀・塀に囲まれていた。 飛騨郡代の支配下になった明和2年(1765)からは数名の手代が常駐し、代官はその都度高山陣屋から出張ってきていた。   
               道路脇に建つ本保陣屋案内板
桜満開の本保陣屋跡 
Back