堀江陣屋/大沢氏陣屋
 
 堀江陣屋の初代領主の大沢基胤&室の菩提寺、祥雲寺:東京都豊島区/2011.03参詣    堀江陣屋初代領主夫妻のお墓
堀江陣屋/大沢氏陣屋 堀江陣屋探訪:2010.06
静岡県浜松市西区舘山寺町2061(堀江の庄)

高家大沢家5000石 
堀江陣屋移築門は法泉寺/湖西市新所  堀江陣屋領主の菩提寺、宿蘆寺

貞治年間(1362〜1368年)に大沢基久が堀江城を築く。その後駿河の今川氏に従う。
大沢基胤が徳川家の旗本となる。
堀江陣屋は元和元年(1615年)、かっての堀江城の一角に構築した。

大沢家は明治元年、新田開発等で領地1万石と架空申告して華族に列したが、領民が蜂起して明治政府が知る所となり士族に格下げされた。
堀江陣屋。
法泉寺の堀江陣屋門/左側に陣屋門説明板碑
堀江陣屋の領主、大沢家菩提寺の宿蘆寺と改葬墓
堀江陣屋跡の木碑が「かんざんじ堀江の庄」駐車場脇にある