井出館/井出代官屋敷
井出館/井出代官屋敷 :静岡県富士宮市狩宿91  井出館 井出代官屋敷 井出館探訪歴:2009.05/2010.04
  井出館の高麗門と長屋 狩宿の下馬桜で有名
鎌倉時代から続く井出氏の居館。富士浅間神社の大宮司家に仕えた。戦国時代は今川氏、武田氏に従う。江戸時代に至り、徳川氏から三島代官にも任ぜられたこともある(三島代官所は1759年廃止⇒韮山代官所に統合)。江戸の後期は名主(門の左側の説明板に書かれていた)であった。 ※江戸期に伊豆国君沢郡300石の旗本、井出志摩守正次とは同族。説明板からして井出館の主は農民だから、江戸期の旗本井出氏ではない(狩宿地区は旗本杉浦桂之進の領地⇒教育文化課ご教示)。郷代官をしていたかもしれない。
井出館からの富士山
徳川15代将軍、慶喜も京都への途次、井出館に寄り詠む
  あわれその 駒のみならず 見る人の 心をつなぐ 山桜かな
「狩宿の下馬桜」 1193年、鎌倉幕府初代将軍、源頼朝が富士の巻狩の陣に陣屋を設け、桜の枝に馬をつないだと伝えられている。 <しろやまざくら>
井出館の井出家菩提寺の本門寺、井出家累代のお墓

花 ・横浜 ・鎌倉 >

 2009.05 井出館探訪時撮影〜〜次回は桜の季節に是非とも訪れたいと思った。 そして上記の2010.04再訪。