井原陣屋
第10代当主の池田長発公
  (1837〜1878年)写真は井原市観光協会誌から転載 
井原陣屋/旗本池田家1200石:岡山県井原市井原町1113  井原陣屋探訪歴:2013.04/2014.08更新
 井原陣屋跡は現、井原小学校。 陣屋石碑と幕末の遣欧使節団正使の池田長発の銅像がある。   
 井原陣屋池田家の成立。旧井原村は関ヶ原の戦の後、幕領と成った後、元和3年(1617)鳥取藩の池田長幸が65千石で備中松山藩に入封となった。これによって井原・北山・西江原・東江原の各村が備中松山藩領となった。寛永18年(1641)、藩主の長常が死去し備中松山藩池田家は無嗣絶家となる。井原村は再び幕領となったが、藩祖の長幸の三男、長信に1,000石の知行地を与え旗本とした(幕末は1200石)。第10代当主の池田長発は、幕末の「遣欧使節団の正使」となり、ナポレオン3世にも謁見した。井原陣屋。
池田筑後守長発(いけだながおき)は天保8年江戸で生まれた。ちょうどアメリカ船モリソン号が浦賀に現れて大騒ぎになっていた年でした。長発は、幕府の学問所である昌平黌を卒業すると同時に幕府に仕え、重職を歴任し外国奉行に抜擢された。
この頃の日本は、尊皇・佐幕・開港・攘夷と国論が分かれており、和親条約・通商条約を外国と結び開港の方針をすすめてきた幕府も朝廷方の力に押され、再び港を閉ざし攘夷の実行をも促されるような状態になっていた。
 幕府は、攘夷論を鎮めるために再び横浜港を鎖すように交渉すると共に外交上の問題を解決するために、フランス・オランダ・イギリスなどの欧州各国に使節を派遣することにした。この難事業に池田長発が任じられ正使に選ばれ。ときに長発が27歳の時だった。
こうして文久3年(1863)12月29日、第三回幕府の遣外使節として池田長発以下35名はヨーロッパに向けて旅立った。
長発は、パリで交渉にあたったが、当初の予想どおり不調におわり、鎖港以外の協定を結び、他国との交渉を打ち切り、条約締結の翌日にパリを出立し元治元年(1864)7月18日に横浜に帰国した。
長発は幕府に対してパリの会談の様子を報告し、海外の情勢を説き、日本自立の意見書を提出した。しかし、幕府は交渉を失敗した長発を蟄居、隠居を命じた。その後、長発は許され軍艦奉行に任命されたが、 長発は健康に恵まれず、職を辞して隠居・出家して、明治12年(1879)9月12日、43歳の働き盛りをもって悲運の生涯を閉じました。
Back
井原陣屋跡の井原小学校                             校門の内に井原陣屋石柱碑と長発公の銅像が立つ