今川陣屋
知行地内にあった観泉寺の墓石群
今川陣屋:高家今川氏1000石  東京都杉並区今川2丁目
駿河の太守、今川義元は桶狭間の戦いで織田信長に討たれる。義元の長男、氏真は徳川家康の家来になり、今川家は高家衆(禁裏・公家に関する礼式を担当した。足利以来の名家、吉良・畠山等が世襲した)として明治維新を迎えた。禄高は1,000石。
                                    2004.11
領地は井草村、鷺宮村、中村に500石、その他500石の1000石。
 正保2年(1645年)、大名格の陣屋を現在の青梅街道沿いに構えたが、実録2500石では維持できず、宝永4年(1707年)に陣屋を破却して農地にした。その面積が8町歩あったので、「八町」の地名が残り青梅街道に<八丁交差点>等に名を残している。

旗本陣屋>