伊勢・四日市陣屋
伊勢・四日市陣屋:天領陣屋 :三重県四日市市北町2-23(現、中部西小学校)   伊勢・四日市陣屋探訪:2013.05
幕府の天領地支配の四日市陣屋は、慶長8年(1603年)、水谷光勝によって築かれた。 享保9年(1724年)〜享和元年(1801)は大和郡山藩柳沢家の飛地領地となるが、享和元年(1801年)には再び天領となった。それ以降の四日市陣屋には甲賀の多羅尾代官所の多羅尾氏1500石が代官を兼任することになり、手付・手代を派遣した。明治維新後、四日市陣屋には三重県庁等が置かれたが、明治9年(1876)の地租改正に反対する農民の暴動により焼失した。 
伊勢・四日市陣屋跡は中部北小学校となっており、校門脇に説明板があるのみで遺構は皆無。
 (伊勢神宮の式年遷宮に参拝の帰りに四日市陣屋を探訪)
 
Back