岩鼻陣屋
岩鼻陣屋:群馬県高崎市岩鼻町239(現、天満宮)    岩鼻陣屋探訪歴:2013.04

岩鼻陣屋は寛政5年(1793)徳川幕府が岩鼻代官所を設置した(50万石の支配陣屋)。初代代官には吉川栄左衛門と近藤和四郎が任命された。
慶応元年(
1865)木村甲斐守が関東郡代として着任し、上野の幕府直轄地、旗本領、寺社領、大名の預り所と武蔵国六群を支配し、世直し一揆の鎮圧など江戸の北辺の守りの中心となる。
岩鼻陣屋跡は一部が日本化薬の社宅地となっている。 観音寺に初代代官の吉川栄左衛門の墓。

岩鼻陣屋の一部は日本化薬社宅地になっている
Back
   
                                観音寺 と 岩鼻陣屋初代代官の吉川栄左衛門の墓