岩井陣屋/鍋島公陣屋:静岡県磐田市岩井   鍋島家5000石                     岩井陣屋/鍋島公陣屋探訪歴:2010.04
岩井陣屋跡は桶ケ谷沼を臨む鹿島神社そばの小高い丘  *鍋島長行が1698年、「元禄の地方直し」で下総矢作からここ遠江に知行替となる。幕末の1855年頃構築された陣屋。 前の拝領地の香取市の円通寺に初代忠茂・正茂・正泰・直旨の墓、広岳院に塁代墓/高輪
*佐賀藩の支藩、鹿島藩主の鍋島忠茂が鹿島藩を佐賀藩に戻し、5000石の旗本家として明治を迎えた。
菜の花が咲く桶ケ谷沼の前方の小高い丘が鍋島公陣屋跡 鹿島神社⇒ 
鹿島神社の鳥居から30mぐらいの所に案内板(矢印)がある⇒ ⇒ 矢印のハイキングコースを登って300mぐらい⇒ ⇒
⇒ ⇒ 説明板が立っている岩井陣屋跡           鍋島公陣屋跡(岩井陣屋跡)の説明板が建っている
       岩井陣屋領主の鍋島家菩提寺の広岳院/東京高輪:2010.11             岩井陣屋領主、鍋島家歴代のお墓
岩井陣屋/鍋島公陣屋