岩松陣屋:新田氏陣屋
岩松陣屋(新田氏陣屋):群馬県太田市下田島町1245(現、太田フレックス高校敷地内)  交代寄合岩松(新田)家120石。
明治になり名門新田氏の末裔と認められ男爵。 ☆岩松氏は新田義貞の末裔で室町以降は足利氏に属した。没落した宗家を継いだが、家老の横瀬氏の反乱により権力を奪われた。 慶長12年(1607年)、徳川家康に面した守純・豊純は20石のみ安堵された。寛文3年(1663年)、秀純が100石加増され、120石となり交代寄合旗本となる。江戸時代は岩松姓だったが明治になり新田姓に戻る。 岩松氏は戦国期の下田島城址に屋敷(
岩松陣屋)を作った。
岩松陣屋の遺構は太田エフレックス高校敷地内。
                      岩松陣屋(新田氏陣屋)探訪歴:2010.02探訪/2012.08更新

平安以降新田氏が拠った金山城

円福寺と新田氏累代の墓/太田市別所町、岩松陣屋
高校の一角に岩松陣屋/屋敷跡が僅かに残っている。