上粕屋代官屋敷/間部氏代官屋敷(陣屋)
上粕屋代官屋敷/間部氏代官屋敷:神奈川県伊勢原市上粕屋862(雨岳文庫)  旗本間部家2150石 上粕屋代官屋敷:2013:03
旗本間部氏の領地、上粕屋村(550石)の名主、山口家は1860年から間部氏の郷代官を務めた(兼微禄の家臣)。上粕屋村は大山の阿夫利神社参道があり、入山料を徴収した。1000両あり、700両は江戸勘定奉行へ上納した。 宗藩は鯖江藩4万石で明治
旗本間部氏は、六代将軍となった徳川家宣の側用人として異例の出世をした間部詮房の弟で、兄の出世と共に旗本に取り立てられた間部詮之を初代とする。その江戸屋敷地から本所間部家と言われた。本所間部家の墓地は、本家の鯖江間部家の墓と共に多磨霊園改葬されている。国登録有形文化財
領主用の玄関
山口家屋敷地と蔵/現雨岳文庫資料館 :旗本間部氏陣屋
旗本間部氏代官屋敷:国登録有形文化財の山口家屋敷
Back