神奈川奉行所
神奈川奉行所:神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘(現、県立青少年センタ-他)   
神奈川奉行所が 設立されたのは1859年(安政5年)6月2日で、横浜開港直後の事である。開設当初の奉行は5名であった。神奈川奉行所の役人の人数は、時期によって変動があるものの、同心や足軽を含めれば最大時で1000人を超えた。また、兼任職時代から廃止までの奉行職には計22名の幕臣が登用され、奉行並職についても5名、支配組頭14名、支配定番役取締4名、支配調役21名が任命されている。幕末の風雲急を告げる江戸に近い横浜開港がしのばれる。
 
 
         神奈川奉行所跡の碑がある県立青少年センター
 Back