金古宿代官屋敷  
金古宿代官屋敷 2009.10
群馬県高崎市金古町/群馬郵便局2軒隣

旗本、松田氏400石の陣屋(松田康長は小田原の戦いで山中城主として豊臣軍を迎え撃ったが討死にした。その子の直長が家康に召しだされ旗本となった)

三国街道の宿場町、金古宿で代々名主も努めてきた豪農の神保氏が旗本松田氏の郷代官をしていた。

昭和52年に群馬町の重要文化財に指定されている金子宿代官所門⇒

金子宿代官屋敷の住居部分は無住のため、腐れて崩れかかっている