萱野三平旧宅:大島氏陣屋
*萱野三平は、13歳で、大島家の推挙により浅野長矩の中小姓となる。元禄14年、長矩が江戸城松の廊下で刃傷。三平は駕篭にて赤穂へ、ちょうど、西国街道に面した我家で母こまんの葬式に会う。三平は浅野家への忠義と推挙したご恩の大島家への迷惑が及ぶことへの苦悩から自宅長屋門の一室で自刀し27才の生涯を閉じた
萱野家前の西国街道に散見された長屋門
萱野三平旧宅から徒歩7分。三平の墓と
萱野家累代の墓
萱野三平旧宅長屋門:萱野三平自刀の部屋
晴ゆくや日ごろ心の花曇り :辞世の句
萱野三平旧宅:大阪府箕面市萱野3丁目  旗本大島氏の代官屋敷(2000石)   菅野三平邸 萱野三平旧宅探訪歴:H21.04探訪
 *美濃国関藩18千石、大島光義の3男、光俊(3250石)の分地を受け⇒義治⇒義雄の時、再度分地して2000石となる。萱野家は元来がこの辺の領主だったが、織田信長時代、一時逼塞した。江戸時代に大島家の家臣とななり代官を務める。 菅野三平旧宅