気賀陣屋/気賀近藤氏陣屋
気賀陣屋/気賀近藤氏陣屋:静岡県浜松市北区細江町気賀  交代寄合、気賀近藤家3500石  気賀陣屋   気賀陣屋探訪歴:2010.06
気賀陣屋跡は気賀小学校(陣屋時代の”椎の木”在り)。気賀陣屋の庭園一部といわれている茅葺の家。 近藤家墓所。  気賀関所の関守を歴代拝命していた。 *元和5年(1619年)、近藤秀用が井伊谷藩17000石の大名となる。寛永8年(1631年)に領地を一族5人に分け与えた(近藤五家)。近藤用可が気賀に陣屋を構えた。気賀近藤家は気賀関所の関守を代々拝命し、明治を迎えた。気賀陣屋。
気賀関所:浜松市北区細江町気賀
慶長6年(1601年)創設、近藤家が歴代関守を拝命した。
気賀関所は、箱根関所・新居(今切)関所とともに東海道の三関所といわれた。番頭2名、平番4〜5名の体制。
江戸時代の椎の木が在る気賀陣屋跡の気賀小学校(上左)
気賀陣屋庭園の一部といわれているところにある茅葺の家(上右)
←気賀陣屋領主墓所:姫地蔵の奥へ200mの所にある/菩提寺は無い