福島関所と福島宿(木曽代官の山村氏が歴代の関守)
木曽代官所:山村代官屋敷
 木曽代官所(山村代官屋敷) 長野県木曽町  交代寄合山村家7500石   木曽代官所  木曽代官所探訪歴:2009.07
  山村代官屋敷 興禅寺   福島関所 福島宿
 山村氏は慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでの功労により木曽代官を命ぜられ、同時に福島関所を預かった。以来、明治維新まで木曽11宿を含む木曽一帯を領した。又尾張藩の付け家臣でもあった。
 幕府は江戸防衛の為、5街道50箇所に関所を設けた。関所のうち、東海道の箱根と新居、中仙道の碓井と福島の関所を重要視した。
   
木曽川沿いの崖家づくりの家
木曽駒ケ岳を借景とした木曽代官屋敷庭園
                       木曽代官所の山村家菩提寺、墓所の興禅寺/木曽義仲の遺髪のお墓もある