小杉陣屋/小杉御殿
小杉陣屋:神奈川県川崎市中原区小杉陣屋町2丁目10-55   天領代官陣屋   小杉陣屋探訪歴:平成24年8月
小杉陣屋は、江戸時代初めの、天領代官で用水奉行の小泉次大夫吉次の陣屋。 小杉陣屋長屋門(移築)が当時の大名主、安藤家に現存(小杉陣屋町1丁目13)。また、徳川将軍家の宿泊施設、本陣の小杉御殿(現、西明寺)と隣接している。小杉陣屋。
豊臣秀吉による小田原征伐によって北条氏は滅亡する。三河、駿河、信濃を統治していた徳川家康は秀吉の命によって領地替えとなり1590年(天正18)、関東八州(武蔵、相模、下総、上総、安房、下野、上野、常陸)を治めることになった。1597年(慶長2)、徳川家康の家臣小泉次大夫吉次は武蔵国稲毛領、川崎領の農業用水確保、館外工事のため用水奉行となり、小杉に小杉陣屋を築いた。工事は14年を要し完成し、関ヶ原の戦い(1600年)の後、徳川家康が江戸幕府を開いた時に、小泉次大夫吉次は天領代官として当地を治めた。小泉次大夫吉次は用水確保の功により、知行地750石を拝領した。 旗本小泉氏の菩提寺は昌林寺(東京都北区)で、 旗本小泉氏の現在の当主は東京都北区西ヶ原在住。 小杉陣屋。

西 明 寺 参 道

小杉御殿

小杉陣屋

Back
西明寺入口の小杉御殿の石碑脇にある説明文と江戸時代の地図
小杉御殿の御主殿跡(西明寺東側)
小杉御殿の石碑と正面は西明寺
小杉陣屋の後には小さなお社が建つ(小杉陣屋町2丁目10-55)
小杉陣屋の長屋門は、小杉陣屋廃止後に大名主の安藤家に払下げられた。
 (旗本小泉氏が知行地として拝領した土地は当地以外の750石)
小杉御殿 :神奈川県川崎市中原区小杉御殿町
小杉御殿は慶長13年(1608)に設置された徳川将軍家の宿泊施設、本陣である。中原街道がかぎ型に曲がった場所の西側、現在の西明寺の境内にあった。 江戸時代初期には未だ東海道は整備されておらず、中原街道が江戸と西方を結ぶ主要な街道とされていた。徳川家康も江戸と駿府との往還に用いたという。小杉には中原街道を利用する際の将軍の宿泊地として小杉御殿が設けられた。中原街道沿いに設置され将軍の鷹狩等で街道を通行する際にも利用された。東海道の宿泊施設が整備されてきたので、小杉御殿は万治3年(1660)に廃止された。小杉御殿。

小杉御殿