馬加代官屋敷/旧大須賀家屋敷
馬加代官屋敷(マクワリ):江戸北町奉行与力給地の郷代官屋敷: 千葉市若葉区桜木8丁目(加曾利貝塚公園内)  馬加代官屋敷探訪:2012.12
馬加代官屋敷(旧大須賀家住宅)は千葉市花見川区幕張町3丁目1096(現在、3丁目公園)にあったが昭和43年に千葉市に寄贈され、現在の加曾利貝塚公園内に移築した。馬加村は北町奉行与力給地にあり、大須賀家は世襲郷代官として、俗称「北の代官所」と呼ばれていたという。    
与力給地とは
江戸町奉行所の与力給地は主として下総国の葛飾郡、千葉郡、埴生郡、香取郡、上総国の山辺郡などにまとめて給地が与えられていおり、一人200石ずつ、50騎で合計1万石だった。 与力給地の管理のため村名主の中から給地役(郷代官)を任命し、古参の与力から南北2人づつを給地世話番として、旗本が給地を支配すると同様な「領主」としての事務を担当させた。これらの給地からの年貢米が南北与力50人に配分された。 「禄高1万石」はいわゆる草高で、その領地の総生産高である。 通常、領主が4割、農民が6割という配分になるので、与力の実質収入は4000石となる。
 
 馬加代官屋敷(旧大須賀家)全景
 
                                                   ↑:千葉市花見川区幕張町3丁目1096(現在、3丁目公園)。大須賀家があった所で明治15年5月の陸軍大演習の際に明治天皇の御休憩所に使用された。
 Back