百瀬陣屋:諏訪氏陣屋
大ケヤキのある耳塚古墳
行き方:寿北小信号⇒600mで、耳塚古墳の三叉路を右へ⇒200mで百瀬陣屋

百瀬陣屋の周辺

百瀬陣屋(諏訪氏陣屋):長野県松本市寿豊丘1169 旗本諏訪家1000石    諏訪高島藩分家      諏訪氏陣屋 百瀬陣屋探訪:2009.07
百瀬代官所門(諏訪氏陣屋門)   百瀬陣屋は間口5間×奥行3間で茅葺屋根(現在は瓦葺)
 明暦3年(1657年)、諏訪頼久が兄の高島藩主、忠晴から1000石の分地を受け旗本となる。1671年に所領を交代して百瀬に陣屋を置き明治を迎えた。百瀬陣屋の当初の代官は三井氏、その後、荻原氏、近藤氏となり近藤氏が明治まで代官を勤めた(現在も居住している)。