真岡陣屋:真岡城
                     真岡陣屋    真岡陣屋探訪:2012.07  真岡城
栃木県真岡市台町(現、真岡小学校・城山公園)/校門の対面にある  栃木県真岡市台町(現、真岡小学校・城山公園) 真岡城

真岡陣屋は江戸時代の初めまであった真岡城の城址一角に構築された。
その真岡陣屋は寛政9年(1797)に構築され、竹垣直温が着任した。竹垣代官時代の支配地は18ケ村85千石だった。
その後、支配地は東郷の陣屋も統合する形ちとなったため拡大したという。
真岡陣屋
真岡城は宇都宮市の家臣であった芳賀氏の居城であった。
真岡城は、鎌倉時代末期の貞治元年(1362)に芳賀貞が築城して御前城から移転し、天正5年(1577)、芳賀高継が後北条氏の侵攻に備えて堅固な城郭としたとの説が有力とされる。慶長2年(1597)主君の宇都宮氏が豊臣秀吉から改易されると同時に芳賀城は没収された。その後は、慶長6年(1601)浅野長重2万石⇒慶長16年(1611)堀親良12千石⇒寛永4年(1627)稲葉正成2万石⇒寛永9年(1623)稲葉家小田原藩へ移封し廃城となる。 
 この上が真岡陣屋跡  左側の丘が真岡城
真岡陣屋跡と説明板   真岡城の一角からの風景
 真岡陣屋の説明板 真岡小学校の校門まえに有る 真岡城の説明板
 真岡陣屋治世下の高札場 真岡城の城主、芳賀氏の菩提寺同慶寺と塁代の墓:宇都宮市竹下町 
Back
<大名275藩以外の城址