森町陣屋/土屋氏陣屋

有名人の墓>

森町陣屋/土屋氏陣屋:静岡県周智郡森町森   旗本土屋家3552石    森町陣屋/土屋氏陣屋 森町陣屋探訪歴:2010.04
  森町陣屋跡は陣屋峠を下りきった、<サンヒルズ森>の崖下で<森高校のグランド>の裏(社会教育係様教示) 
  
土屋氏代官北嶋家長屋門(代々酒造業を営み庄屋)  遠州森の石松墓所/大洞院
上総久留里藩土屋家2万石は忠直⇒利直⇒直樹(3代目藩主)の狂気で改易(1679年)された。しかし、藩主の嫡子、土屋主税達直は先祖の功に免じて、森町を中心としたこの地域に3千石余りを一括して拝領した。(土浦藩95千石土屋家は弟筋系統) *元禄14年、吉良邸に赤穂義士が討入した際、屋敷が隣接していた土屋主税は、提灯を掲げて吉良邸を照らしたことで知られている。(菩提寺は君津市円覚寺と文京区大林寺/明治期にキリスト教改宗のため墓石は廃石した)
      森町陣屋代官、北嶋家長屋門/森町円田        森町陣屋(土屋氏陣屋)跡⇒
大洞院門前にある森の石松の墓
親分の御礼参りの代参で金毘羅宮へ出掛けた帰路、方々から預かっていた次郎長への香典を狙った侠客の都田の吉兵衛(講談や浪花では「都鳥」とされる)に、遠州中郡にて騙し討ちに遭い、斬られて死亡した。吉兵衛は翌1861年(万延2年)、次郎長によって討ち果たされた。
大洞院 清水次郎長の子分、石松(生年不明〜1860年)
君津市久留里の円覚寺:先祖の久留里藩土屋家2万石藩主の忠直・妻・利直の五輪塔。旗本家としての初代土屋主税達直以降の土屋家の墓は東京文京区大林寺だが子孫がキリスト教に改宗のため現在は墓石は無い。