本宿陣屋(モトジュク)/柴田氏陣屋
本宿陣屋/柴田氏陣屋:愛知県岡崎市本宿町南中町   旗本、柴田家3024石  柴田氏陣屋 本宿陣屋/柴田氏陣屋探訪:2010.10
本宿陣屋(柴田氏陣屋)跡は富田病院でその横に文政10年(1827)建築の代官屋敷がある。
柴田勝家の孫、勝重は1599年17才の時に家康に仕えた。関ヶ原の戦い・大阪夏の陣での武功で武蔵多摩の地に5百石を賜った。その後加増され、1698年の知行配置換えにより、柴田勝門が本宿に陣屋を構えた。富田家が世襲郷代官を務めた。 (勝重の墓は三鷹市の青清寺)
☆柴田勝家ー勝政(養子)ー勝重ー勝興ー勝門ー勝富ー勝定ー勝広ー勝満ー勝房ー勝延で明治を迎えた。
本宿陣屋の裏庭(柴田氏陣屋)
本宿陣屋の説明と略図の掲示板
back
                                 青清寺:東京三鷹市  柴田勝重と塁族の墓                   2011.03参詣
文政10年(1827)建築の本宿陣屋の代官屋敷跡、世襲代官の富田家が明治以降も居住していた。