村岡陣屋/山名氏陣屋
村岡陣屋 / 山名氏陣屋 :交代寄合 山名家6700石 :兵庫県美方郡香美町村岡区村岡(現、御殿山公園)   村岡陣屋探訪:2013.05
最後の領主の奥方増築部屋。 山名家菩提寺の法雲寺。 歴代領主御廟/坪谷御廟・桜山御廟。
山名豊国は関ヶ原の戦いの軍功により、慶長6年(1601)但馬国七美郡に6700石を賜った。三代の矩豊が寛永19年(1642)に村岡陣屋を構築した(福岡から陣屋を移した)。以後、山名家は交代寄合旗本として明治まで続いた。
村岡陣屋、山名家菩提寺の法雲寺
名門山名家は、戦国時代にはいると新興勢力によって徐々に侵食され、
因幡・但馬の二国を保つのみとなった。その後も時代に翻弄され、毛利家
⇒織田家⇒豊臣秀吉の御伽衆⇒徳川家に随身し交替寄合旗本6700石と
なり村岡陣屋を構築した。
坪谷御廟:3代から10代領主⇒
   
村岡陣屋の一角にある、最後の領主奥方が幕末に江戸から村岡に帰ってきたときに使った増築の部屋。  宿泊した旅館「かじや旅館」と町並。
村岡陣屋は遺構無い。                御殿山を望む⇒
Back
桜山御廟:11代から13代領主⇒