六栗陣屋/小笠原氏 
六栗陣屋:小笠原氏2000石 愛知県幸田町六栗字山屋敷51  六栗陣屋探訪:H28.09
三河吉田藩の小笠原長矩が寛文3年(1663年)、長秋に2000石分地して六栗陣屋は成立した。(幕末の唐津藩小笠原家分家)。 廃寺の観音寺には小笠原氏の墓塔があるが丘の上のため道が整備されていないので参詣できず。
六栗陣屋は寺嶋村・上永良村・上六栗村・下六栗村の2000石を支配するために置かれ、代官は六栗村の志賀氏の屋敷内に置いた。 
 
六栗陣屋/代官、志賀氏宅 
六栗陣屋の代官、志賀氏宅の敷地は広大。 
六栗陣屋 Back 六栗陣屋