撫川陣屋:戸川氏陣屋
撫川城:岡山県岡山市撫川  江戸時代は本丸、二の丸跡に上記の旗本戸川家5000石の陣屋が設けられた。

永禄2年(1559)三村家親が築城したといわれている。天正3年(1575)に三村氏は毛利氏に滅ぼされ、毛利氏の出城となる。
天正10年(1582)羽柴秀吉の備中高松城の水攻めの際に、毛利方の国境防備の城の一つとなり、城主の井上有景が800余人を率い守備する。撫川城の位置が孤立した場所にあったため、毛利氏から撤退するように下命されていたが、井上有景はその命令に背き、羽柴軍との間で激戦が交わされ、撫川城は落城した。この地は宇喜多氏の領有となり、当城は廃城となる。

撫川陣屋/なでかわ :岡山県岡山市撫川  交代寄合戸川家5000石              撫川陣屋             撫川陣屋探訪:2008.03
 撫川陣屋跡は撫川城跡公園 知行所総門  庭瀬(鴨方)往来の町家     <庭瀬藩2万石板倉家の陣屋とは隣り合わせの距離>
 戸川家は29千石の大名で庭瀬に入封したが、4代目が無嗣絶家。4代目の弟(達富)が5千石の交代寄合旗本として8代で明治を迎えた
旧撫川城本丸と二の丸に撫川陣屋を構築した 撫川陣屋の知行所総門
庭瀬(鴨方)往来の町家
<大名の城址以外の城へ
撫川城本丸/二の丸

(旗本陣屋)

撫川城
戸川達安--------正安---------------------安宣---無嗣絶家---その後達富(撫川戸川家5000石)
(関ヶ原合戦後、 -安尤(早島戸川家3400石)   -安成(妹尾戸川家1500石)
 庭瀬藩主)     -安利(帯江戸川家3300石)