長崎奉行所
長崎奉行所立山役所:長崎県長崎市立山1(現、長崎歴史文化博物館)    長崎奉行所探訪:2014.11
長崎奉行所の主務は長崎の治安維持・外国貿易の監督・キリシタンの取り締まり・長崎港の海防。 
 
概略: 初期は側近の大名が任ぜられたが、やがて小禄の旗本が、のちには1000~2000石程度の上級旗本が任ぜられるようになった。長崎奉行職は幕末まで常置された。幕府直轄地であり、警護は福岡藩と佐賀藩が交互に勤めた。
機構: 定員は時代により増減があるが概ね2人制で定着する。定員2名の内、1年交代で江戸と長崎に詰め、毎年8月から9月頃に交替した。奉行は老中支配であった。 奉行の配下には、支配組頭、支配下役、支配調役、支配定役下役、与力10騎、同心15人、清国通詞、オランダ通詞がいたが、これら以外にも、地役人、町方役人、長崎町年寄、ども長崎行政に関与しており、総計1000名にのぼる行政組織が成立した。奉行やその部下、奉行所付の与力・同心は、一部の例外を除いて単身赴任であった。
長崎奉行の収入:奉行は、格式は公的な役高1000石、在任中役料4400俵であったが、長崎奉行は公的収入よりも、余得収入の方がはるかに大きかった。すなわち、輸入品を御調物(おしらべもの)の名目で関税免除で購入する特権が認められ、それを京・大坂で数倍の価格で転売して莫大な利益を得た。加えて舶載品をあつかう長崎町人、貿易商人、地元役人たちから八朔銀と呼ばれる献金(年72貫余)や清国人・オランダ人からの贈り物や諸藩からの付届けなどがあり、一度長崎奉行を務めれば、子々孫々まで安泰な暮らしができるほどだといわれた。そのため、長崎奉行ポストは旗本垂涎の猟官ポストとなり、長崎奉行就任のために使った運動費の相場は3000両といわれたが、それを遥かに上回る余得収入があったという。
 
 Back