成羽陣屋
成羽陣屋/交代寄合、山崎氏5千石 :岡山県高梁市成羽町(現、成羽美術館他)    成羽陣屋探訪歴:2013.05
山崎家菩提寺の桂厳寺   武家屋敷街
 大阪の陣の戦功により元和3年(1617)、山崎家治が3万石で入封し築城(陣屋)した。寛永16年(1639)山崎氏は丸亀藩に転封し、代りに水谷氏が5万石で入封し現在地に新しく陣屋を築いたが3年後に備中松山藩へ転封された。同地は一時天領。万治元年(1658)、丸亀藩山崎治頼(三代目)は無嗣絶家となる。幕府は山崎氏の祖先の戦功を惜しみ、山崎家治の次男、山崎豊治に成羽郡他に5千石を与えた(成羽陣屋)。明治まで11代210年収めた。
星原丁武家屋敷街/成羽陣屋
成羽陣屋御庫門脇の土塀:土塀の内側は幅広い武者走りになっている
成羽陣屋は3万石&5万石陣屋の跡に設けられたので城郭然としている
成羽陣屋作事門
成羽陣屋大手門
   
 成羽陣屋の領主、山崎氏5千石の菩提寺桂厳寺と歴代墓所
Back