仁賀保陣屋:仁賀保氏陣屋
 仁賀保陣屋/仁賀保氏陣屋:秋田県にかほ市  旗本仁賀保家3千石 仁賀保陣屋探訪:2008.07
仁賀保陣屋跡は仁賀保公園。   仁賀保陣屋の領主、仁賀保家菩提寺の禅林寺。
 ☆慶長5年(1600)、関ヶ原合戦では最上氏に属して出陣した。仁賀保氏は関ヶ原の戦において上杉景勝との戦いに功があり、戦後、 挙誠は仁賀保のうちに5千石を支給され、徳川旗本としての存続を許された。慶長7年(1602)常陸国武田5千石に移封されたが、元和9年(1623)再び仁賀保で一万石を与えられ、1万石の大名として仁賀保を支配した。仁賀保陣屋。
 挙誠の跡を継いだ良俊は7千石を知行し、弟誠政に2千石、誠次に1千石を分知したため、大名から外れ、良俊が嗣子のないまま死去したため仁賀保氏嫡流は断絶した。分知された弟ふたりの系統が徳川旗本として存続し幕末に至った。誠政の家系は「二千石家」、誠次の家系は「千石家」と称された。
仁賀保陣屋跡周辺の建物
仁賀保陣屋跡(仁賀保公園)
仁賀保陣屋の領主、仁賀保家菩提寺の禅林寺
Back