西高木家陣屋
西高木家陣屋:岐阜県大垣市上石津町宮  交代寄合西高木家2300石  美濃衆(元美濃今尾城主) 西高木陣屋探訪: 2011.05/大阪35会帰途
慶長6年(1601年)高木貞利が陣屋を構築した。 水行奉行に任ぜられ美濃・伊勢・尾州の河川の巡視、水利治水事業に当たる。 西高木家陣屋
西高木家陣屋表門:嘉永5年(1852年)建設。 菩提寺は正林寺。
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの軍功により時・多良郷の内、貞利(西家)2300百石、
貞友(東家)1000石貞俊(北家)1000石を拝領、翌6年陣屋を構えた。この三家は交代
寄合美濃衆といい、大名格で寓せられ参勤交代を行い江戸期を通じ在地して所領や
周辺の治安維持に当たり明治に至った。
また、寛永元年以来、国役普請奉行を勤めこの後、水行奉行に任ぜられ濃・勢・尾州の
川通りを年々巡視し水利治水事業に当たっていた。
西高木家陣屋門や石垣等遺構は良く残っている
西高木家陣屋の陣屋町並み                           西高木家陣屋の領主、西高木家菩提寺、正林寺と領主墓所   
Back