大森代官所
大森代官所:島根県大田市大森町                     大森代官所探訪:2013.11 出雲大社途次
関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は慶長5年(1600)11月に石見銀山の接収に大久保長安他を派遣した。慶長6年初代大森代官所の奉行に大久保長安を命じた。銀山開発の費用・資材(燃料など)を賄うため、周辺の郷村には直轄領である石見銀山領(約5万石)が設置された。大森代官所は初めは山吹城の下屋敷のあった吉迫にあったが、後任の竹村丹後守により大森に代官所置かれた。 江戸期の大森代官所門。 
大森代官所/石見銀山資料館 
 大森代官所の地役人、旧河島家 現在公開されている「龍源寺間歩」
町並が良く残っている。 大森代官所に駐車して、電動自転車を借りる。それでも龍源寺間歩等をみて2時間を要した。 
 国指定重要文化財の熊谷家/銀山経営や酒造業などを営む  五百羅漢/羅漢寺
Back