大藪陣屋/大藪代官所
大藪陣屋 / 大藪代官所:旗本小出氏1500石 :兵庫県養父市大藪416-6 大藪陣屋探訪:2013.05 
寛文6年(1666)、出石藩5万石の藩主小出吉英は三男の英信に養父郡に2000石(のち分地され1500石となる)を分地した。小出英信は大藪村に大藪陣屋を構えた。代官として大島氏(75石)が就き明治を迎えた。最後の大藪陣屋領主、小出英道は幕府歩兵頭・歩兵奉行と昇進(役高15百石)。
  尚、宗家の出石藩小出家は元禄8年(1695)無嗣絶家となった。      
大藪陣屋建物の遺構( 大藪公民館地所内にある地蔵堂)。 大藪代官大島氏の菩提寺墓所の泉光寺。
大藪代官所の遺構の一部、地蔵堂
大藪陣屋(大藪代官所)跡
大藪陣屋の代官、大島氏の菩提寺の泉光寺と墓所
大藪陣屋前の通り
Back