小阪部陣屋(おさかべ)/水谷氏陣屋
小阪部陣屋/旗本水谷氏陣屋:岡山県新見市大佐小阪部 小阪部陣屋(水谷氏陣屋)探訪歴:2012.09/2015.04
旗本水谷氏2000石(みずのや)。備中松山藩5万石の水谷勝隆の次男、水谷勝能が勝隆の遺領の内2000石(4ケ村)を分地され、寛文4年(1664)、小阪部村に小阪部陣屋を構築した。7代で明治を迎えた。 飛地領地が武州(現あきる野市)に847石あった。
本家の備中松山藩水谷家は急死で無嗣絶家(1693年)となったが、祖先の功により急死の藩主の弟、勝時は布賀村・長屋村に3000石が与えられた(布賀陣屋)。
小阪部陣屋(跡)は方谷園という公園になっている(県道32号脇)
Back