大鐘屋敷
大鐘屋敷:静岡県牧之原市片浜1032/酔芙蓉屋敷 大鐘屋敷探訪:平成17年4月探訪/同26年10月再訪
大鐘権八郎貞綱は柴田勝家の養子、勝豊の家老(越前丸岡城)だった。 柴田家の滅亡後、加藤清正に随身したが、確執が原因で、慶長2年(1597年)に遠江相良に移住した。その後、大鐘氏は徳川家に仕え、3000石を拝領。しかし江戸中期以降は大庄屋として明治を迎えた。
母屋と長屋門は国の重要文化財敷地は1万坪あり、花庄屋と称される。紫陽花(5月下旬〜7月)。酔芙蓉(9月〜10月)。
酔芙蓉の屋敷
酔芙蓉:朝は白、昼は桃、夜は赤と移ろいでいく芙蓉
大鐘屋敷母屋と小堀遠州作の庭
大鐘屋敷の長屋門

大鐘屋敷